ご逝去されてから葬儀の流れ - 任せて安心の葬優社

ご逝去(死亡)されてから火葬までの葬儀の流れ

ご逝去から葬儀の流れ

病院などでご逝去の場合


病院にて死後処置が1時間30程度御座います。この処置時間に、ご遺族の方は葬儀社に連絡し寝台車を手配します。1時間30分程度で寝台車が病院に到着しますので、故人様との「病院でのお別れ」をお済ませ下さい。送れて病院に駆けつけておられる親族様がおられる場合は当社スタッフとお迎えのお時間をご相談下さい。


・06-6653-3802 葬優社(そうゆうしゃ)に電話する

・寝台車到着までのあいだ「病院でのお別れ」を済ませる

・寝台車到着後、故人様を提携ご安置施設にご搬送

・病院にて打ち合せ、死亡診断書をご記入頂き、当社にて診断書をお預かり致します


提携ご安置場所は「故人様のみ」でのお預かり安置となります。ご親族様は「病院でお見送り」して頂きます。ご安置施設への同行、拝顔・お別れは出来ませんのでご了承下さい。

なお死亡届を提出の際、死亡届の届出人(葬儀をおこなう方)の認印が必要となります。お預りできる「三文判」の認印をご用意下さい。(ゴム印・シャチハタ不可)

死亡届・口座凍結について

お預かりしました「死亡診断書」を当社にて区役所に死亡届として提出致します。提出後、原本は戻りませんので、当社にて火葬日に「コピー」をお渡し致します。原本がご必要な場合は、病院にて再発行して頂けます。


口座凍結について


死亡届を提出したからといって口座凍結されるものでは御座いませんが金融機関が名義人がお亡くなりになられて事を知った段階で口座凍結となります。凍結されますと容易に引出しなどが出来なくなります。ご逝去前に、事前によくご相談のうえ預貯金の引出しもご検討下さい。

故人とのお別れについて

お打ち合せの際にお渡しする火葬日に直接、ご利用される火葬場にお集まり下さい。各斎場内の休憩室にてお待ち下さい。当社スタッフがお迎えに参ります。斎場内にある霊安室にて「故人様とのひと目お別れ」となります。お別れのお部屋などのご用意は御座いませんのでご了承下さい。


・斎場内の霊安室でひと目、お別れ

・お棺のフタはお開けできますので、入れてあげたい物をお納め頂けます。

・火葬炉前はお焼香となります。


炉前読経をご希望される方


寺院による読経をご希望の方は「火葬炉前での寺院読経」となります。炉前読経は「5分程度」の読経となります。炉前で皆様がお焼香頂く際に読経をあげていただきますので読経時間は短くなりますのでご了承下さい。

火葬・お骨上げ

各斎場の火葬時間は「約2時間10分」程度のお時間となります。お骨上げまでのあいだ斎場内休憩室でお待ち頂くことも出来ます。なお、休憩室への食べ物の持ち込みは禁止されておりますのでご注意下さい。


・火葬時間 2時間10分程

・休憩室へのアルコール類・食べ物の持ち込みは禁止


適時、お骨上げまでのあいだお過ごしになられる方も多くいらっします。お骨上げ前に休憩室にお戻りいただければ結構です。炉前にてお骨上げが終了しますと、式次終了、随時解散となります。

対応できる葬儀プラン

直葬で安く火葬するプラン

大阪市での直葬プラン料金 9万9千円

・火葬料金のみ別途必要

・小人数で火葬のみおこないたい方

・低料金で火葬だけしたい方